福島会津東山温泉・旅館・くつろぎ宿Webサイト

会社概要プライバシーポリシー宿泊約款(キャンセルポリシー)関連リンク
会津東山温泉くつろぎ宿 お問合せは2館共通 電話:0242-26-0001 E-Mail:yoyaku@kutsurogijuku.jp
オンライン宿泊予約 くつろぎ宿千代滝 オンライン宿泊予約 くつろぎ宿新滝
ホームへ戻る 千代滝 新滝 お料理 湯めぐり アクセス 周辺観光 よくある質問
周辺観光

周辺観光のご案内   会津若松市内の周辺観光についてはこちらからご覧下さい。

 
 

 大内宿



日光今市から会津若松に通じる旧会津西街道、別名下野街道、南山通りに沿った山間の平地にある。江戸時代の宿場の雰囲気をよく残しており、春秋のシーズンには観光客が多数訪れる。街道沿いには茅葺き民家も見られる。大内宿本陣跡には大内宿町並み展示館がある。
昭和56年4月、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、全国的に脚光を浴びた。特徴としては、寄棟造りの建物が道路と直角に整然と並べられていることである。以前は、会津若松と日光・今市を結ぶ南山通り(会津西街道)の宿駅のひとつとして栄えた宿場町。

◆所在地:福島県南会津郡下郷町大内山本
◆交通アクセス:会津鉄道会津線湯野上温泉駅からは車で約15分。
◆当館から車で約40分。

◆電話番号:0241-68-3611(大内宿観光協会)

 下郷町ホームページ
 いで湯と渓谷の里 下郷観光チャンネル

 磐梯山



猪苗代湖の北にそびえる活火山(成層火山)で標高1,819m。広義的には、主峰磐梯山のほか、赤埴山(1,430m)、櫛ヶ峰(1,636m)を含めて「磐梯山」ともしている。磐梯高原を含めて磐梯朝日国立公園に属する。元は『いわはしやま』と読み、『天に掛かる岩の梯子』を意味する。
磐梯山の麓は南が表磐梯、北が裏磐梯と呼ばれる。表磐梯から見る磐梯山は普通の山であるが、裏磐梯から見ると、一変して山体崩壊の跡の荒々しい姿を見せる。
2007年、日本の地質百選に選定された。

◆所在地:福島県猪苗代町、磐梯町、北塩原村
◆当館から車で約40分。

 磐梯山噴火記念館

 

 裏磐梯・磐梯高原



磐梯・吾妻・安達太良などの火山群は、非常に地形の変化に富んでおり、対して桧原湖・五色沼に代表される湖沼群はその総数200~300ともいわれ、その水質や沈殿物、あるいは生育する植物の違いにより色を変え、ひっそりと森の中にたたずんでいる様は、会津地方はもちろん福島県を代表するリゾート地として充分な魅力である。また有料道路・遊歩道も整備され、新緑や紅葉の季節はもちろん夏は避暑地として、冬はスキー場、桧原湖のワカサギ釣りなど四季を問わず楽しめ、ホテル、ペンション、民宿など宿泊施設も整っている。

◆所在地:福島県猪苗代町、磐梯町、北塩原村
◆当館から車で約50分。
磐梯高原に入る山岳道路が充実しており、磐梯吾妻スカイライン、磐梯吾妻レークライン、磐梯山ゴールドライン(冬期間通行止めの路線あり)など紅葉時期には多くの観光客でにぎわう。

 裏磐梯観光協会・・・五色沼紅葉情報など

 喜多方



喜多方市(きたかたし)は福島県会津地方の北部に位置し、かつては北方(きたかた)と呼ばれていた。蔵とラーメンと桐で有名な市であり、特に喜多方ラーメンは全国的に有名で、札幌、博多と並んで日本の三大ラーメンのひとつに数えられることもある。近年、太極拳のまち、グリーンツーリズムのまちとしても知られている。また、合併によって喜多方市になった山都町はそばの里として全国的に有名である。

◆交通アクセス:
磐越自動車道「会津若松I.C.」より車で30分。
東北新幹線で郡山へ。JR磐越西線に乗り換え「喜多方」下車。
◆当館から車で約40分。

 喜多方市ホームページ
 喜多方観光協会


ホーム千代滝新滝お料理湯めぐりアクセス周辺観光よくある質問ご予約・プラン検索

会津東山温泉くつろぎ宿
〒965-0814 福島県会津若松市東山町湯本寺屋敷43
TEL 0242-26-0001 FAX 0242-26-0005
yoyaku@kutsurogijuku.jp

yoyaku@kutsurogijuku.jp